背中にポツポツとできものが・・・・

里親日記(バーボン)

あせも??

バーボンはブラッシングが大好き

毎日、夕飯の後にはブラッシングして毛艶もよく元気いっぱいでしたが

背中にポツポツと何か出来ています。

何だろう?

痒がってないのですが心配なので、病院へ行くことにしました。

脂漏症かな?

はっきりとした治療法もなく、脂漏症というのも病名ではないそうですが

一般的にそう呼ばれているので、先生もわかり易くその名称で説明してくれました。

脂漏症は大きく分けて2種類

ベタベタの肌にフケがあるものは、油性脂漏症。

ベタベタではないけどフケがあるものは乾性脂漏症。

幸いにして、かさぶたになったり皮膚がただれたりという事はなかったのでホッとしましたが・・・

バーボンの場合は、中間の症状なので今後どうなるか様子見となりました。


まずは、シャンプーを変えてみたり、お薬を飲んで1週間に1回のシャンプーをすることに。

遺伝の可能性や犬種によってもあるようですね。

シーズーも脂漏症になりやすい犬種です。

2週間後

今まではロン毛にしていましたが

皮膚炎が治りやすいように、サマーカットにすることにしました。

シャンプーも脂漏症専用のものに変えて、週1でシャンプーし始めたので

皮膚のべたつきも少し収まったように見えます。

その後のケア

この皮膚炎はしぶとく11歳~14歳で亡くなるまでケアは続きました。

完治はしませんでした。

サマーカットも秋冬は寒いので、Tシャツを着せて

冬はセーターを着て過ごしました。

13歳頃になると、体臭も出始めたのでシャンプーは欠かせませんでした。

時折、保湿用に「桃の葉エキス」を洗面器で薄めたものをかけ湯にしたり

湯舟(バーボン専用たらい)に桃の葉エキスを入れて温泉気分にしてみたりしました。

サマーカットのおかげですぐ乾くので助かりましたね。

寝て過ごすことも多かったので、春~夏は子供服で、

肌をガードしてました。(新生児用のガーゼの肌着を改良)

さすが赤ちゃん用の肌着!

縫い目が外側についているので肌への刺激がなさそう。

バーボンはたいそう気に入って着てましたね~。

人間と犬は腕の部分の作りが違うので、少し大きめを買って

お腹側の布を切って詰めてました。

コメント