通院

里親日記(ぼん)

尿検査と去勢手術相談

結石の療法食を食べ初めて2ヶ月

効果が十分かの確認で病院へ。

尿検査の結果で数値が落ちついていることがわかったので一安心。


体調も良さそうなので、去勢手術の相談をしました。

未去勢のままでしたので、繁殖しないのであれば手術したほうが安心なので

お願いすることにしました。(将来病気になる可能性を排除したいということで)

ぼんによく噛まれることを知っている先生は、

「去勢してももう大人の犬だから、性格は変わらないよ。大丈夫?」と。

勿論、大丈夫ですとも!!

と、いうことで1週間後に手術決定。

手術当日

全身麻酔をするので、朝ごはんはなしです。(お水はOK)

他のワンコ達にはご飯をあげないといけないので、

食べている間は、ぼんを抱っこしてご近所を徘徊。

帰ってきて、ご飯をもらえないので少しイライラしていましたが

ボール遊びとか気を紛らわせて誤魔化しました。

病院に行く時間になったので出発です。

まずは、血液検査をします。

10分後、、、、

先生:肝臓の数値が心配な部分があるんだよね・・・

今日はやめといた方が賢明だな・・・、来週にしよう。

お薬出しておくね。

1週間後に手術する予約をしてトボトボ家路につくのでありました。

・・・・・・・・・・・・・・

《1週間後》

また絶食のまま病院へ向かいました。

血液検査を行った結果・・・

今日は大丈夫でした。

ぼんは噛むかもしれないので、体内に吸収される糸で縫合してもらことにしました。

騒ぎ出したら困るので、看護師さんに抱っこされている間に私は忍者のように帰りました。

午後にお迎えに行くだけです。

手術後

午後16時頃、病院から電話。

手術が終わったのでお迎えに。

元気そうです、そして私の方へめっちゃ走ってくるではありませんか!!

普通の飼い犬のような雰囲気を醸し出してるじゃーん。

おーなんと、すごい進歩だ。

懐いてきているじゃないかぁ!!


家に帰ってきて、2時間ほど寝てました。

夕飯を食べてまた寝てました。

手術の傷は、大体1週間で綺麗に治りました。(化膿しなくて良かった)

コメント