まずは白鍵盤から弾いてみよう

大人のピアノ

質問が止まりません

ピアノを幼い頃から習っている人には、どの単語も記号も鍵盤も

理屈なしでこういうものなんだと疑問を持たないかもしれません。

レッスンは月に3回~4回 1レッスン30分です。

毎回、気になることが多すぎて先生への質問が止まりません。

まずは『真ん中のド』はどーれだ?という質問が飛んできました。

たぶんこれかな?と思った鍵盤を弾いてみました。

『正解!!』

次にドレミ ドレミファ ドシラソファミレド を弾いてみる

リズム感が譜面ではわからない(初心者あるある?4/4って書いてあってもちょっと??)

音も全部同じ強さ・テンポで弾くのだと。

先生にお手本を弾いてもらって、「あーそういうことか」ってやっとわかる。

その次に音符の名前をカードを使って勉強。

4分音符 2分音符 全音符・・・・・・

何???

はぁ、なんでこの玉(4分音符のこと)1個しかないのに4ぶ????

丁寧にご説明いただきました。

リンゴを2つに切ったら2分音符、4つに切ったら四分音符という感じで。

先生も初めての質問だと、2人で大笑いしながらレッスンしました。

全く初めて(楽器をやったこと無い人)習う人には、そういう風に思う人もいるんだね

勉強になりましたと。

日本人はシャイだから、???と思っても、私みたいに図々しく聞いたりしないんだろうなぁ。

わからないことはネットとかで調べたりもするけれど、その場で解決したらいいじゃんって

思うわけです。

自宅学習

五線譜ノートに先生が音符を書いてくれました。

次回のレッスンまでにドレミを書き込んでいくのですが、

まずはぱっと見でわからないので、『ド』だけ色をつけてドを書きます。

次に他の音符が何かを書いていきます。

地道に1つずつ、数えていきます。

どんどんレッスンが進んでいくと、

左手のパートはまた違うところから『ド』が始まるのですよと教えてもらった。

脇汗がとまりません。

自分との戦い

自宅学習が絶対に必要だと、身にしみてわかったので

朝30分、昼30分、夜30分 楽譜の最初のページを一心不乱に練習しました。

先生は、1日○分は練習してくださいとは言わないのですが、

やらなければ確実にいつまでも弾けないし、次回のレッスンで発表して先生からOKもらったら

次のページへ進みます。

早く次のレベルの楽譜に進みたいしと、間違いながらも何度も何度もやってみる。

うまくなくていいのです。

回数こなせばどんどん良くなるはずだから・・・・

なんか集中力が鍛えられるのか、気付いたら40分も経っていた

練習部屋には時計が無い。

早速、アマゾンに電波時計を発注した。

コメント